このエントリーをはてなブックマークに追加

【勝手にお買い物研究】親しい人へのバレンタインチョコレート、探し方色々

サムネイル2017年の記事ですが、バレンタインの時期が近づいていたのでピックアップしました。

ところで2月のお買い物と言えば、やはりバレンタインデー向けのチョコレートです。『チョコレート』というキーワードの検索ボリュームも、2月のピーク時には普段の5倍程度まで増えるようです。当然ながら『バレンタイン』というキーワードの増え方も尋常ではありません。

そこで今回は、リモートユーザーテストを活用してバレンタイン用のチョコレートを購入する時の行動を調査してみました。

目次

調査概要
調査内容要約 過去のお買い物について
調査内容 行動
調査要約 良かった商品と使いやすかったサイト
特徴と所感
まとめ

調査概要

  • 被験者 … 20代、30代、40代の女性1名ずつ
  • 募集条件 … インターネットでチョコレートもしくはその材料を購入したことがある人
  • 前提 … 比較的親しい方1〜2名にバレンタインチョコを贈りたい
  • タスク … インターネットでチョコレートもしくはその材料を探す
  • その他 … スマートフォンで閲覧、サイトを指定しない自由検索

調査内容要約 過去のお買い物について

過去にインターネットでどんなチョコレートや材料を購入したか聞いてみました。

30代女性

  • 贈った相手は旦那さん。
  • 手作りチョコを贈るために、材料となるチョコレートを購入。
  • 価格が安く送料無料だったことから、Amazon.co.jpを利用した。

40代女性

  • 贈った相手は仲の良い男性と父親。
  • 4,000円の物が半額になるラ・クーポンがあり、3,600円相当のロッテのチョコレートを購入。
  • 量が入っていて、見た目が立派に見えた。

20代女性

  • 贈った相手は彼氏。
  • 4,000円位のGODIVAの限定チョコレートを購入。
  • チョコレートと言えばGODIVAという固定概念があり、店頭で見て高級感があり美味しそうに見えた。

調査要約 行動

30代女性

  • 『チョコ 材料 通販』でGoogle検索。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_01
  • cottaのサイトへ。材料に関するページ。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_01
  • クール便手数料が100円なのは良い。
  • 『チョコ』でサイト内検索。
  • 300gの商品をチェック。細かくなっているのはすぐ溶けて便利。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_03
  • 検索結果に戻り、cuocaのサイトへ。
  • 『カテゴリから探す』より『チョコレート・チョコ材料』へ。探しやすい。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_05 バレンタインデーのチョコレートを探す_06
  • 製菓用チョコレートのページへ。
  • ちょっと価格が高い印象。ワンランク上の物を作るならいいかも。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_07 バレンタインデーのチョコレートを探す_08
  • 検索結果に戻り、tomizのサイトへ。
  • 『チョコ』のリンクを、ページの読み込みが終わる前にタップ。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_10
  • こちらはもっと高い。そこまでこだわらないので…
    バレンタインデーのチョコレートを探す_11 バレンタインデーのチョコレートを探す_12
  • cottaのサイトへ戻る。
  • 『チョコ』でサイト内検索。
  • 300gの商品が価格的にも良さそう。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_13

40代女性

  • 『バレンタインデー 通販』でGoogle検索。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_14
  • アマゾンのバレンタインデー特集ページへ。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_15
  • フェレロ ロシェのカテゴリへ。個人的に好き。面白いケースに入っているのも良い。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_16 バレンタインデーのチョコレートを探す_17
  • 24個入りの商品のページへ。甘いものが苦手だったり体重を気にしていると量が多いかも?
    バレンタインデーのチョコレートを探す_18
  • 楽天のサイトへ。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_19
  • 急上昇キーワードの候補から『バレンタインチョコ』をタップ。
  • 六花亭の商品が好きなので気になるが、表示されている商品は価格が安すぎる。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_21
  • 『六花亭』で楽天全体から検索。
  • チョコレートではない商品のページを軽くチェック。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_23
  • 『六花亭 チョコレート』で楽天全体から検索。
  • 単価が、人にあげるには少し安い印象(1,000円未満が多い)。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_24
  • 単価が高めでセットになっている商品をチェック。入れ物も良い。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_25
  • Yahoo!ショッピングのアプリを立ち上げる。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_26
  • 『バレンタイン』で全体から検索。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_27
  • 一番上の商品をチェック。美味しそうだが、結構送料がかかる。8,000円以上で送料無料になるが、一人2,000円くらいがいいので難しい。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_28
  • 別の商品をチェック。同じお店なのか送料が同じだった。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_29
  • 個人的に食べたい商品は見つけたが、生モノだと 食べきるのが難しい?
    バレンタインデーのチョコレートを探す_30
  • 迷ったら絞り込む。送料無料・1,500円〜2,200円で絞り込み。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_31
  • 和菓子の詰め合わせをチェック。和菓子だと賞味期限が気になる(7日だと難しい)。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_32
  • ガトーショコラをチェック。恐らく送料無料で買えそう。賞味期限が気になるが、見つからない。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_33
  • 同じお店の別の商品も気になった。しかし送料がかかってしまう。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_34
  • 同じお店のガトーショコラケーキをチェック。賞味期限が1〜2ヶ月で良さそう。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_35
  • レビューを見てみる。『見た目にガッカリ』は気になるが無難そう。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_36
  • ガトーショコラが良さそう。

20代女性

  • 『ゴディバ』でGoogle検索。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_37
  • AdWords広告からGODIVA公式サイトの2017バレンタイン特集へ。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_38
  • かわいいけど大人向けではないという印象
  • 『ゴンチャロフ』でGoogle検索。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_40
  • ゴンチャロフ公式サイトの商品紹介ページへ。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_41
  • バレンタインコレクションのページを見てみるが、こちらも可愛すぎる。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_42
  • 『バレンタイン 大人』でGoogle検索。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_43
  • Lierの人気ランキングのまとめページへ。ゴディバ、ピエールなどが紹介されているが、デメルが渋かったような。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_44
  • Lierのページ内のリンクからデメルの公式ページへ(スマホ未対応)。オシャレな印象。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_45
  • オンラインショップのページへ。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_46
  • チョコレートのページへ。バレンタインという感じではないが…
    バレンタインデーのチョコレートを探す_47
  • トリュフ詰めの合わせのページへ。これ絶対美味しい。これにします。
    バレンタインデーのチョコレートを探す_48

調査要約 良かった商品と使いやすかったサイト

30代女性

  • cottaの300gのチョコレート。量が丁度よいし、価格もお手頃。
  • 価格を重視した。
  • 探しやすかったサイトはcuoca。カテゴリから絞り込んでいける。

40代女性

  • Yahoo!ショッピングのガトーショコラかガトーショコラケーキ。
  • 高級すぎても舌が肥えていないと美味しく感じにくいと思う。
  • ある程度日持ちがして食べやすいものを選びたい。
  • 今回の場合父親も対象なので、体型を気にしている人のことも考えた。
  • Yahoo!ショッピングはアプリを使ったので探しやすかった。
  • 楽天は写真が多いのであまりスマホで見たくない。Yahoo!ショッピングくらいだとちょうどいい印象。

20代女性

  • DEMELの大人なトリュフが良いと思った。DEMELのオレンジピールの長細いチョコが有名なのは知っていた。
  • 大人な感じのほうが良かったが、GODIVAやゴンチャロフがファンシーすぎた。
  • 味が最優先。また、知っているブランドで、大人っぽさがあること。
  • サイトはDEMELが良い。トリュフの内容が丁寧にかかれているし、トップページがオシャレで渋い。

特徴と所感

今回の3名の行動の中を、マトリクス表で共通点を分類してみました。こうすると、いくつか傾向が見えてきます。

30代女性 40代女性 20代女性
ブランド重視か × ×
安さ重視か ×
相手の嗜好優先か -
※手作りなので材料段階では不明
×
賞味期限を気にしたか -
※手作りなので材料段階では不明
×
レビューを見たか × ×
『バレンタイン向け』で選んだか × ×
※ただし検索ワードは『バレンタイン』
×
良いと思うサイトと選んだ商品が一致したか ×
※ただしスマホ未対応サイト

ブランド志向だと、細かい情報は気にしない

20代女性は知っているブランドであることを優先して商品を選びました。その際、特に40代女性と比較し賞味期限やレビューなど、細かな情報は確認せず第一印象で商品を選んでいたように見えます。

ネームバリューのある商品とそうでない商品の場合、優先して知りたい情報が異なってくるので、有名なブランドや使い勝手が良いと言われるサイトを真似れば良い、というわけではなさそうです。

『バレンタイン特集』から選んでいない

チョコレートのサイトと言えばバレンタイン特集が組まれているのが一般的かと思いますが、今回の被験者さんはいずれも『バレンタイン向けに特集されたページ』からは商品を選んでいませんでした。特に、有名ブランドのバレンタイン特集を閲覧していた20代の方は、自分が買いたいと思う商品のイメージと、特集ページのイメージが一致しなかったことが大きく影響していました。

意外と使いにくそうなサイトでも『使う』

30代の方は商品を選んだサイトとは違うサイトが便利だったとの事ですし、20代の方もスマホ対応すらしていないサイトから商品を選びました。

多少使いにくかったり表示が遅かったりしても、先ずは欲しい商品が見つかる作りになっている必要があります。離脱率が高いという課題を抱えている場合、あらゆるケースを想定して、ユーザーが欲しい商品をしっかり探せる機能や導線が作られているかを検証するユーザビリティテストが、効果を発揮するかもしれません。

まとめ

今回の被験者さんは、3名とも欲しいと思う商品のタイプ(手作り・相手の嗜好優先・ブランド優先)が異なっていたことから、行動パターンにも特徴が現れました。

今回の『親しい方へのバレンタイン』という緩めのテーマによる調査結果を参考に、よりシーンや用途を具体的にした調査を実施することで、より効果的なサイトやサービスのユーザー調査が出来ると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの研究室のサービスに関して
お気軽にお問い合わせください

▲ ページ先頭へ