このエントリーをはてなブックマークに追加

【勝手にお買い物研究】LINEショッピングをユーザーテスト

LINEが2017年6月15日に開始したLINEショッピング。LINEアプリ内での各種サービス囲い込みの一環かと思いましたが、実体は経由して買い物をするとLINEポイントが貯まるという、ハピタスのようなポイントサイトに近いものでした。

LINEショッピング
└LINEショッピングの画面キャプチャ

個人的には、

  • LINEアプリから各ショップに飛ぶ際に強制的にSafariを使わされる(ブラウザはSmoozを使いたい)
  • あらゆるポイントはANAマイルに変換させるべくハピタスを経由したい
  • LINEポイントは全てメトロポイントに変換している

という点でナシなのですが、LINEショッピングのことを全く知らない方に実際に触ってもらった際の印象が気になったので、リモートユーザーテストで調査してみました。

4名に調査をお願いしたのですが、好印象で使ってみたいと言われていた方を除く3名について、レポートしてみます。

 

目次

調査概要
調査内容要約
ユーザーが感じる課題
LINEショッピングの効果

 

調査概要

  • 被験者 … 20代後半男性2名、30代前半女性2名
  • 募集条件 … LINEアプリを愛用している、LINEショッピングを知らない方
  • タスク … LINEショッピングのサービス紹介ページを見る → 商品を探す&決済ステップを進める → 印象をヒヤリング

※レポート対象は男性1名、女性2名です。

 

調査内容要約

まずは調査全体の要約です。

25歳男性 30歳女性 33歳女性
普段のLINEの使い方 メッセージ、タイムライン、LINEポイントをLINE Payに換金、ニュース メッセージ、通話、スタンプや着せ替え、タイムラインでの情報収集、芸能ニュース メッセージ、タイムラインでの情報収集、ニュース
サービス紹介ページを見てみる ◯ポイントが貯まることは理解できた。

LINE Payで支払えるのか分からない。
支払いや配送の方法が分からない。

サービス紹介ページを見つけられず

この部分の動画を視る ⇒

◯楽天などのポイントも一緒に付くなら使ってみたい。

内容はなんとなく理解したが、その理解が合っているか分からない。
LINEショッピングで直接買えない仕組みに馴染みがない。

サービス紹介ページを見つけられず

この部分の動画を視る ⇒

◯LINE Payのポイントが貯まることを理解。

LINEポイントで何か買おうと思わないので、わざわざ貯めようと思わない。

サービス紹介ページを見つけられず

この部分の動画を視る ⇒

実際に触ってみる ◯使い勝手は悪くない。

商品の種類が少ない。

この部分の動画を視る ⇒

◯トップのおすすめ商品の割引率から、LINEショッピングを経由する魅力を感じた。

ピンポイントにこれが欲しいという商品が見つからない。
楽天の商品すべてにポイントが付くのかどうかが分からない。
LOFTのサイトに黄色いアイコンで『P5』とあるが何のポイントか分からない。

この部分の動画を視る ⇒

◯すぐに目的のお店に飛べた。

◯貯まるポイント数がすぐに分かった。この部分の動画を視る ⇒

印象 あまり使用したい印象ではない。
ブラウザに遷移せずアプリ内で完結して欲しい。
LINEに登録している情報を決済ステップで利用して欲しい。
個人情報が個別のショップに渡ってしまう。この部分の動画を視る ⇒
◯普通に買うよりもお得なので、もう少し分かりやすくなったら使ってみたい。
◯対象ショップに馴染みのあるショップが多い。違うサイトでの注文の手間が不便に感じる。
ポイントの付与はいつ?どうやってLINEと連携するのか?この部分の動画を視る ⇒
◯特に不便と思った点はない。
◯LINE以外のポイントに交換できるなら使ってみたい。楽天はアプリでポイントが増える。経由でポイントが貯まるサイトも他にある。ポイントを分散させたくない。この部分の動画を視る ⇒

 

ユーザーが感じる課題

ポイントが付与されることに魅力を感じる方がいる一方で、課題をピックアップしてみると、

  • 個別のショップへ遷移することへの不便や不満 … 2名
  • 商品ラインナップに対する不満 … 2名
  • ポイントの付与に対する不安(その商品が対象なのかどうかなど) … 1名
  • ポイントを分散させたくない … 1名

といった、LINE内で完結できないこと分からない点があることを起因としたネガティブな意見が多いようです。

LINEポイントについては、Amazonギフト券、nanacoポイント、JALマイレージバンク、メトロポイントなど、複数のポイントに変換が可能です。しかし、それを予め知っていないとLINEポイントが貯まるメリットを感じにくいかもしれません。

LINEポイント変換先
└LINEアプリの画面からキャプチャ

ポイントの付与対象かどうか分からないという意見については、調査を依頼した私自身もあまり理解できていません。おすすめショップとして並んでいるショップは全商品対象な気がしますが、単体の商品からショップに遷移した場合、その先はどこまで対象になるのか、経由した際にタップした商品しか対象にならないのかなど、多少触った程度では分からないことが多いです。

LINEショッピング対象ショップ
└LINEアプリの画面からキャプチャ

このあたりの説明をLINEショッピングの解説ページに盛り込んだり、解説ページ自体をもっと見てもらえるようにするなどの対策で、もっと理解が深まりそうです。

 

LINEショッピングの効果

このようにあまりパッとしない印象を持たれたLINEショッピングですが、早くからテスト運用を始めていた千趣会さんは大きな集客効果を感じているようです。

「ベルメゾンネット」では大手ポイントサイトや大手クレジットカード系といったアフィリエイトサイトを集客に活用しているが、テスト運用期間中にこうしたアフィリエイト経由の売上高に占めるLINEショッピングの割合が、わずか3か月以内に「1~2位の規模」(服部さん)になったという。

スタート当初、LINEショッピング経由で買い物したユーザーに購入金額の10%分のポイントを還元するキャンペーンを実施。あらかじめLINE用に確保しておいた販促予算を「3日間で達成してしまった。試算があてにならないくらいの集客力でした」(同)。

千趣会も驚いたLINEの集客効果とは? 担当者が語る「LINEショッピング」活用ポイント - ネットショップ担当者フォーラムより引用

LINEというプラットフォームの規模によるものも大きいのでしょうが、先述したような課題がクリアできたら、LINEショッピングはもっと大きな効果を発揮することになりそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの研究室のサービスに関して
お気軽にお問い合わせください

▲ ページ先頭へ